XMでもまた、MT4が利用できます。
MT4そのものは海外FX業者を利用する際に用いるものなので、既に使っている人もいれば、名前くらいであれば聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
そこで、XMでMT4を利用する際の流れについても解説します。
また、基本的にMT5でも同じ流れとなります。

パソコンでXMのMT4をインストールする手順

まずはパソコンからです。
パソコンでMT4をインストールする場合には、XMの公式サイトへとアクセスします。
すると、そこには「PC対応MT4」と書かれている箇所がありますのでそちらをクリックしてみましょう。
すると紹介・ダウンロードページへと移動しますので「ダウンロード」をクリックします。
その後、ダウンロードしたファイルをクリックすると自動でインストールが始まります。
インストールしたMT4を起動させ、画面が正常に出てきたことを確認したら「ファイル」をプルダウンし、「取引口座にログイン」を選択。
ここで、XM口座を開設した際に設定したログインIDやパスワード、サーバー名を入力すると作業は完了となり、パソコンからXMにて取引を行えるようになります。
注意点として、指定サーバーを利用する点です。
こちらは口座開設した際に送られてくるメールに記載されたものになります。ちなみに指定サーバー以外を選択すると、IDやパスワードに間違いがないとしてもログインはできませんので気を付けましょう。

スマートフォンでXMのMT4をインストールする手順

スマートフォンはiOS、Androidともにアプリが用意されています。
App Store、Google Playそれぞれに用意されていますので「MT4」と検索すれば出てくることでしょう。
インストールそのものは他のアプリ同様、タップするだけの簡単なものです。
ログインはアプリを起動すると、下記の3種類の選択肢が用意されます。

・登録せずにスタート
・個人デモアカウントを開設
・既存のアカウントにログイン

この中から一番下の「既存のアカウントにログインをタップします。
すると、検索フォームが出てくるので「XMT」と入力することでXMのサーバーがリストに上がります。
あとは自分のサーバーを選択肢した後、IDとパスワードを入力することでログインとなります。
注意点として、アプリ初回起動時、先に挙げた3つの選択肢が用意されている画面は何もしないと10秒前後でデモ口座を開設してしまいます。
10秒以内に選択するか、あるいは設定の画面からやり直しができるので、焦る必要はありません。

XM口座のMT4(メタトレーダー)はMacで使える?文字化けの直し方など解説

windowsパソコンを持っていないmacユーザーは、MT4がmacで使えないと思っている人も多いでしょう。

XMのMT4はMacでも使えるのか、解説していきます。

XMのMT4はMacでも使える?

XMでは専用のメタトレーダーのプログラムを無料で配布していて、デバイスごとにソフトをダウンロードしてインストールすることができます。XMのメタトレーダーでサポートされているOSのバージョンはWindows PCであればWindows98 SE2以上で、現在販売されているMac OSにも対応しています。

Mac版もWindowsと全く同じ機能が利用でき、FXの他に貴金属やエネルギー関連の銘柄の取引も可能です。

Mac PCへのインストール方法ですが、公式サイトからターミナル(.dmg形式)をダウンロードして、XM.dmgを開きます。XMアプリをアプリケーションフォルダにドラッグして、「XM Mac MT4」のアプリケーションをクリックして「開く」を選択すれば起動します。

初回のみログイン画面が表示されるので、ログインIDとパスワードを入力すれば全ての機能が利用できるようになります。

ちなみにアンインストール方法ですが、アプリケーションフォルダを開いて「XM Mac MT4」をゴミ箱に移動します。

XMではMT4に加え最新版であるMT5プラットフォームも提供されています。XMではそれぞれのツールごとに、2種類のアカウントを開設することができます。

 

XMをMacで使う場合の文字化けの直し方は?

メタトレーダーを日本語表記に切り替えると、Mac PCだと文字化けして「□」が表示されてしまう場合があります。
インストールしたソフトで文字化けを直す方法ですが、フォントを「ヒラギノ角ゴシック W3」に置き換えることで問題が解決します。

MT4また5のアプリケーションフォルダ内のXMTrading.appを開いて、Wineskinをダブルクリックします。Advancedを開いてRegistry Editorを起動します。Fontsをクリックして「New」「Key」を選択すると「New key #1」が作成されるので、「Replacements」に変更します。

「Replacements」を開いて「New」「String Value」を選択し、「New Value #1」を「MS UI Gothic」に変更します。「MS UI Gothic」を開いてEdit画面で「ヒラギノ角ゴシック W3」を入力します。

 

XMなら無料VPSサービスを利用するのもおすすめ!

XMならいくつかの条件を満たせば無料でVPSサービスが利用できるようになっています。

VPSとは、パソコンを起動しなくても365日24時間起動しておけるクラウドサーバーのことです。

ここにMT4をインストールしておけば、どのパソコン・スマホからもアクセスできますし、

自動売買のEAなども停電などのリスクなく動かすことが可能です。

いつでもどの端末からでも同じMT4プラットフォームにアクセスできるのは

チャート設定などもいちいち必要ないのでトレードする上では非常に便利です。

FX専用のVPSサービスなどもいくつかありますが、

XMでは条件を満たしたトレーダーに無料VPSサービスを提供しています。

 

利用条件は最低5000ドル以上(その他の通貨の場合は相当額)の有効証拠金が口座にあり、

1か月に最低でも5ラウンドターンロット以上の取引をすれば、

会員エリアからいつでも無料でVPSサービスをリクエストできます。

 

この条件を満たさなくても、会員ページで月々28ドルの手数料を支払って利用することも可能です。

手数料は毎月第一営業日にMT4口座から自動で引き落とされます。

 

他にもXMではソフトをインストールしないで、ブラウザで起動できるウェブトレーダーを使用することもできます。

ただ、こちらはインストール型のMT4ほど機能がなく、カスタムインジケーターやEAなどは動かせません。