海外FX業者での口座開設で気になるのが口座通貨。
海外である以上、円が当たり前にあるとは限りませんが、XMの場合はどうなのかを解説していきましょう。

XMでは円口座もOK

XMの口座通貨は、円も問題ありません。
円だけではなく、ユーロ、アメリカドルの3種類から選ぶことが可能です。
また、口座の種類による差異はありません。
XMにはZero、スタンダード、マイクロの3種類の口座が用意されていますが、いずれも同様です。レバレッジのように、特定口座のみ上限が異なるといったことはなく、3種類のどの口座を選択しても円、ユーロ、アメリカドルの中から選べます。
選択肢の多さはもちろんですが、自由な点が魅力です。
円を選択するにあたっての条件はありませんので、登録画面で「円」を選ぶだけです。

円口座だけじゃない魅力

XMは円口座だけではなく、日本に居ながらにしてアメリカドルやユーロを選択することができます。
居住地に関わらずに通貨を選択できる点は、実はとても大きなメリットです。
なぜなら、もしもですがその後海外に引越したり、あるいは日本にいるものの、ドルやユーロを利用する環境にある人は、円よりもそちらの方が都合が良いのではないでしょうか。
また、どの通貨を選ぶのかは自由です。日本人がアメリカやユーロを選択するにあたって必要な書類を追加したり、審査が厳しくなるということもありません。

口座通貨を途中で変更することはできないのか?

当初は円で登録したものの、次から違う通貨へ変更することはできないのか。この点に関しては残念ながら対応していません。
この点は不自由というよりも、口座の通貨が変わるとXM側としても対応が難しくなってしまいます。
但し、先には様々な特徴を述べましたが、日本にいる限りは日本円を選んでおいて不便を被ることはないでしょう。

海外FX業者の中には日本円を基本通貨に設定できないところも珍しくありません。
海外FX業者としても、日本人だけを相手にしているものではありませんので日本円が設定できないとしても、致し方ないのですが、XMは日本円の設定が可能です。
裏を返せば、それだけ日本人ユーザーを意識していることになりますので、ただ単に円の設定が可能なだけではなく、日本人ユーザーのことを考えてくれていることが分かるかと思いますので、ただ単に「円が使える」だけではなく、「日本人のことをしっかりと意識している」業者であることの証拠といえるでしょう。