海外・国内を問わず、FXを行うのであればやはり気になるのがスワップポイントです。スワップポイントは火によって微妙に変化するものなので、固定値として紹介することはできませんが、XMのスワップポイントについても解説していきましょう。

XMのスワップポイントの特徴

XMのスワップポイントの特徴として、ショートが良い傾向にあります。
例えばユーロ・トルコリラ、アメリカドル・トルコリラ、ユーロ・南アフリカランドといった組み合わせの場合、比較的高いです。特にユーロ・トルコリラの場合、ショートであれば6円以上のケースもあるのですが、ロングとなるとマイナス10円付近になるケースも。同じ通貨ペアでありながらここまでの差が出ることを考えると、XMはショートが魅力的だとの言葉もよく分かるのではないでしょうか。
実際、ロングは低い傾向にあります。これは、XMがどちらかといえば短期での売買を基本に考えている部分が強いからとも言われています。

スワップポイントが反映される時間

スワップポイントは取引したその瞬間に付与されるものではなく、ある程度時差が出ます。
XMでは基本的に月曜日から金曜日の朝7時が反映あれる時間になります。サマータイムの場合、1時間繰り上がりますので、朝6時となっています。
また、あくまでも平日になります。土日は例外になりますので、土日に取引があった分は水曜日にまとめて反映されるケースが多いです。
特に大型連休等ではどうしてもタイミングがずれこむことになりますので、XMの公式ホームページをよくチェックしておくとよいでしょう。

スワップポイントがお得なタイミングがある?

XMでは水曜日はスワップポイントがお得になると囁かれています。
確かに、水曜日に自分のアカウントを見てやたらとスワップポイントが付与されているので、「水曜日にはお得なキャンペーンでも行われているのではないか」と思うケースもあるようですが、実際には先にお伝えしたように、休日の取引分は水曜日にポイントが付与されるケースが多いので、付与されたポイントだけを見るとお得に感じるのかもしれませんが、実際には土日の取引がスライドして素曜日に付与されているだけです。
決してお得に設定されているわけではありませんので、スワップポイントが増えるならと取引をアクティブに行う必要はありません。
また、スワップポイントだけの出金はできませんので、これらの点は覚えておきましょう。