HotForexを利用するにあたって気になる点はやはり環境。
特に海外のFX業者を利用する際にはスプレッドが重要ですが、HotForexではスプレッドはどのような形になっているのかについてチェックしてみるとしましょう。

HotForexの主な通貨ペア平均スプレッド

米ドル円…1.6pips
ユーロ円…1.3pips
ユーロドル…1pips
ポンド円…2.7〜2.9pips
ポンドドル…1.6pips
豪ドル円…2.2pips

※変動することもあります

これらの数字を見ると、HotForexのスプレッドの狭さが分かるのではないでしょうか。
スプレッド幅が狭い方が良心的である点は説明するまでもないと思います。特に他の海外FX業者を利用している人にとっては、HotForexのスプレッドが魅力的に映ったのではないでしょうか。

なぜHotForexはスプレッドが狭いのか?

HotForexのスプレッドの狭さの理由は多々考えられますが、海外FX業者もまた、競争原理が働いています。より多くの利用者を獲得したいと考えたらやはり「強み」「特徴」を作らなければなりませんので、スプレッドを広くすることで、他の業者と比較してもらい、他の業者を利用しているユーザーを奪いたいとの目論見があるのでしょう。
特に多くのユーザーは、なかなか取引所を変えようとはしません。余程悪い所が見当たらない限り、「ここで十分」との心理が働きますので、HotForexとしても積極的にスプレッドの狭さをアピールすることで、少しでも「あの取引所良いかも」と思ってもらいたいとの狙いがあるのでしょう。

HotForexのスプレッドの狭さはXMとの比較で分かる

HotForexの数字だけを見ても、まだピンと来ない人も多いかと思いますが、海外FX業者の中で比較的知名度の高いXMと比べると、HotForexのスプレッドの狭さが良く分かります。
例えば豪ドル円。2.2pipsのHotForexに対し、XMは3.3pips。先には挙げませんでしたが、ニュージーランドドル円はHotForexの2pipsに対し、XMは3.2pips。これらの比較からも、HotForexのスプレッドの狭さが良く分かるのではないでしょうか。
もちろんこれらは変動することもありますので、あくまでも2019年10月段階の話ではありますが、今後もスプレッドがこのような水準で推移するのであれば、HotForexのスプレッドは「狭くて魅力的」だと考えて良いでしょう。