XM 大手でサポートも手厚く初心者でも安心!

 

HotForex 100%入金ボーナスやキャンペーン充実!

スタンダード口座とマイクロ口座の比較表

スタンダード口座 マイクロ口座
口座の方式 STP方式
1lotの価値 10万通貨 1,000通貨
最小ロット 0.01(1,000通貨) MT4:0.01(10通貨)
MT5:0.1(100通貨)
最大ロット 50(500万通貨) 100(10万通貨)
レバレッジ 1倍~888倍
スプレッド やや広い
手数料 無し
追証 無し
ゼロカット あり
ロスカット水準 20%以下
プラットフォーム MT4/MT5
最低入金額 5ドル
信託保全 あり
口座開設ボーナス あり
入金ボーナス あり
ロイヤルティプログラム あり
FX通貨ペア 57種類

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは「ロットとpipsの価値」「最小ロットと最大ロット」「通貨ペアの表示名」の3つのみになります。

スタンダード口座の1ロットの価値は、100,000通貨です。しかし、マイクロ口座ではその100分の1の1,000通貨です。つまり、マイクロ口座の100ロットとスタンダード口座の1ロットは等価値になります。

よって、pipsあたりの損益も100倍の差があります。円建て口座でUSDJPYを取引する場合、スタンダード口座で1ロット取引すると1pipsあたりの損益は1,000円となりますが、マイクロ口座で1ロット取引すると1pipsあたり10円です。

また、最小ロットと最大ロットにも違いがあります。

スタンダード口座:最小0.01ロット = 1,000通貨〜最大50ロット = 最大500万通貨

マイクロ口座:最小0.01ロット = 10通貨〜最大100ロット = 10万通貨(MT5のマイクロ口座は最小0.1ロット = 100通貨)

保有可能ポジションは両口座共に最大200ポジションまで。

スタンダード口座:500万通貨 x 200ポジション = 10億通貨まで
マイクロ口座では10万通貨 x 200ポジション = 2,000万通貨まで

通貨ペアの表示名について

マイクロ口座では通貨ペアの末尾に「micro」が付きます。例えば、USDJPYの場合は「USDJPYmicro」、EURUSDの場合は「EURUSDmicro」となります。

ボーナスに違いはある?

どちらの口座を選んでも貰えるボーナスは全く同じです。

まとめ

トレーダーの多くが「スタンダード口座」を選んでいます。

FBS 100%入金ボーナス&最大レバレッジ3000倍!

 

Titan FX 低スプレッドでスキャルピングにおすすめ!