スペックだけを見ると、まさに「文句なし」とも言えるXM。
国内のFX業者はもちろんのこと、他の海外FX業者と比べてもポテンシャルの高さを感じさせるものなのですが、安全なのか、信頼できるのか。その点についても解説していきます。

XMの会社情報について

XMは資本金がおよそ3億6000万ドルです。ちなみにこちらはアメリカドルなので、日本円にするとおよそ400億円。国内大手とされているFX会社、DMM.comのおよそ100億円、GMOクリック証券の50億円と比べると、資本金の額に於いては「安全」であることが分かるのではないでしょうか。
ちなみに、国内で400億円の資本金を持つ会社としてはセブンアンドアイがおよそ500億円、イオングループがほぼ同等の400億円であることを考えると、如何に安心できる企業なのかが分かるのではないでしょうか。

XMへの評価について

XMは過去に様々な賞を受賞しています。

・ベスト市場研究・学習賞
・ベストカスタマーサービスグローバル2019
・ベストマーケットリサーチアンドエデュケーショングローバル2019
・ベストFXブローカー・ヨーロッパ賞

まだまだ他にも数多くの賞を受賞しています。
このことからも財務だけではなく、外部からも高い評価を得ている業者であることが分かるのではないでしょうか。

日本語のサポート力

XMは海外のFX業者ではありますが、実は日本人スタッフを採用しており、平日に関しては24時間体制でサポートを行っています。
Eメールはもちろんですが、日本語対応によるライブチャットも用意していますので、分からないことがあれば24時間365日、いつでもリアルタイムで応対してもらえます。

XMの保有ライセンスについて

XMはセーシェル金融庁からライセンスを取得しています。
実は、この点だけをもって「ライセンスを取得しているから安心」だとは言えません。
セーシェルのライセンスは取得しやすいことで知られていますので、そこまで大々的にアピールできるものではありません。それでもXMは安心だといえるでしょう。
まず、XMは「XMグループ」の一つと位置付けると分かりやすいのですが、XMグループ全体としては様々なエリアでライセンスを取得しています。

さらには、XMはかつてはライセンスが厳しいとされるキプロスのライセンスを取得していましたが、残念ながらキプロスのライセンスでは日本国内での取引が行えなくなりました。こちらは日本の行政が圧力をかけたとの説がありますが、既に日本人の投資家を抱えていたXMでは、日本でも取引を継続できるよう、取得しやすいセーシェルのライセンスを取得したという経緯があります。
「セーシェルのライセンス」と説明されてもそこまで説得力はないかもしれませんが、セーシェルのライセンを取得した経緯を知れば、如何に日本人投資家を大切にしてくれているのかが分かるのではないでしょうか。