XM 大手でサポートも手厚く初心者でも安心!

 

HotForex 100%入金ボーナスやキャンペーン充実!

海外FXは、国内FXより多くのメリットがあり、海外FXの方が国内FXより人気が高いです!

このページでは、海外FXのメリットとデメリットをまとめてみました。

海外FXのメリット

レバレッジの高さ

レバレッジとは、手元にある資産の何倍もの金額を運用することができる制度のことです。

国内のFX会社は日本の法律上、最大で25倍までしか利用できません。しかし、海外は違います。

海外FXは、1000倍、2000倍というレバレッジを掛けることができる業者があります。

レバレッジの計算式は、自分の資産額×レバレッジの倍率=運用額です。

例:運用額1万円

国内FXの最大レバレッジは25倍なので、1万円×25倍=25万円の運用ができます。

海外FXの最大レバレッジが888倍の場合、1万円×888倍=888万円を運用可能です。

上記の様に、運用金額の差が全然違います。

大きく稼ぎたい方は、海外FXを選びましょう。

追証なし

追証とは、借金のことです。取引で負けて資産を超えて損失をした場合、そのマイナス分を会社に返済しなければいけないルールのことです。

海外ではXMtradingを含め、ほとんどの会社に追証なしのゼロカット制度が導入されています。 資産以上のマイナスが出た場合、会社がその損失を補填してくれます。国内FXには、こちらのロスカットルールがありません。

この様に、海外FXのほうがリスクを減らしてトレードをすることができるのです。

少ない資金で始められる

海外FXでは、1万円でも十分に稼ぐことが可能です。

ロスカット水準が緩い

ロスカットとは、ポジションの損失を未然に防ぐためにポジションを強制的に決済することです。

日本国内の会社ではロスカット水準が50%が最低ですが、海外の会社では20%が最低となっています。

ロスカットの金額がかなり低いとうことは、長くポジションを持つことができるということです。

 MT4が使える

MT4は、カスタマイズ性がある非常に人気の高いツールです。

MT4は、スマホにも対応しています。

決済力と約定力が高い

決済力とは注文を決済するときの速度のことです。約定力とは、注文を確定するときの速度です。海外FXは遅延なしでスムーズな取引ができます。

豪華なボーナスがある

座開設をしただけで3000円のボーナスをもらえたり、入金をすると上乗せでボーナスをもらえるサービスが多いのが特徴です。

XMの場合、トレードすればするほどポイントが貯まります。

海外FXのデメリット

国内の金融庁に認められていない

金融庁から『海外FX業者の勧誘に気をつけましょう』という警告文が発表されています。しかし、海外FXが国内金融庁に登録していないのは理由があります。

国内金融庁に登録すると、国内FXと同様な運営をしないといけません。つまり、 日本の金融庁に登録するとレバレッジは下がり追証ありになってしまうのです。

そのため国内で登録しないことにより、海外FX業者はユーザーを守っています。

FBS 100%入金ボーナス&最大レバレッジ3000倍!

 

Titan FX 低スプレッドでスキャルピングにおすすめ!