XM 大手でサポートも手厚く初心者でも安心!

 

HotForex 100%入金ボーナスやキャンペーン充実!

FXは、東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間など、時間によって相場の傾向などが変化します。

市場で、特に重要なのが、

  • 東京市場
  • ロンドン市場
  • NY市場

の3つです。この3つの市場は「世界三大市場」と呼ばれています。この市場が開いている時間は、取引が活発化する傾向があります。

冬時間と夏時間(サマータイム)について

市場時間は時期によって異なり、冬時間と夏時間に分けられます。夏時間はサマータイムといいます。
サマータイムは冬時間より1時間早く取引や経済指標の発表が行われます。

サマータイムは下記の通りです。

ロンドン
(イギリス)
3月最終日曜日 ~ 10月最終日曜日
ウェリントン
(ニュージーランド)
10月第1日曜日 ~ 3月第3日曜日
シドニー
(オーストラリア)
10月最終日曜日 ~ 3月最終日曜日
ニューヨーク
(アメリカ)
4月第1日曜日午前2時 ~ 10月最終日曜日午前2時まで

東京時間の相場の特徴

東京時間は9時からオープンし、17時にクローズします。

10時前のレートがその日の仲値になります。基本、東京時間では、日本円が絡んだ通貨ペアが活発に取引されます。

欧州時間の相場の特徴

欧州時間は夏時間は16時~24時、冬時間は17時~25時の間です。ロンドン市場だけでなく、パリ、フランクフルトなどのEU諸国の市場が開きます。またNY時間とも一部重なるので、とても取引が活発になります。

欧州時間は、値動きが激しすぎることが多いのが特徴です。

ニューヨーク時間の相場の特徴

ニューヨーク時間は夏時間は22時から6時、冬時間は23時から7時の間で、FXにおいて最も重要な時間です。市場参加者が多く、重要な経済指標などの発表も多いことので、ロンドンの市場の次に活発な動きを見せます。

欧州時間とも時間がかぶったり、NY市場がオープンするより前からFX取引などの準備をしていくトレーダーがどんどんと参入してくるので、ニューヨーク時間になる前から、値動きは活発になります。

まとめ

東京時間は、他の時間と比べると比較的安定した動きです。しかし、午後には欧州時間と重なるところで大きく価格が変動することがあります。

欧州時間は、様々な国の市場が開いていくので、予期しない動きがあったりします。

ニューヨーク時間は、トレンドが発生したら長く続きますので、順張で利益を伸ばしていけることがあります。

FBS 100%入金ボーナス&最大レバレッジ3000倍!

 

Titan FX 低スプレッドでスキャルピングにおすすめ!